【R-18注意!】

【お色気漫画】「ハート・キャッチいずみちゃん」:遠山光の出世作!

記事内に広告を含みます

1982年より講談社「月刊少年マガジン」にて連載されたお色気コメディー「ハートキャッチいずみちゃん」。作者は遠山光氏。

単行本は講談社マガジンコミックスより全9巻が刊行され、2000年代に入ってから「ハート・キャッチいずみちゃん PERFECT」全2巻、さらに「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」として、「ハート編」「キャッチ編」の2冊にまとまって復刊された。

なお本記事後半では、「ハート・キャッチいずみちゃん」の同人作品についても紹介。

※本文中の引用画像はトリミング済み。

「ハート・キャッチいずみちゃん」概要

スケベな男子・菊丸の高校に転校してきた原田いずみ。実は彼女は人の心が読める、という超能力を持っていた。以降、菊丸のスケベな妄想とそれに振り回されるいずみちゃんを軸に、エッチなコメディーが展開される。

ラブコメではなく、エロコメ。なお、物語の途中からいずみちゃんの超能力設定は描かれなくなり、ひたすら女の子にイタズラをしたがる菊丸のパワフルスケベと、それに振り回されるいずみちゃんら女の子たちが描かれる。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

当初はショートヘアーのいずみちゃんと、意外にもイケメンな菊丸。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

物語中盤からいずみちゃんはサイドテールに、菊丸はギャグキャラクターが定着してくる。

また物語序盤では菊丸の妄想の中など、一部でだけ描かれていた乳首描写。下着姿など健康的なお色気が中心だったが、中盤以降に乳首が解禁され、エロ描写が過激になる

セール・クーポン利用がお得!【FANZA同人

総評・感想

「いけない!ルナ先生」などと並ぶ、1980年代を代表する少年誌掲載のエロ漫画「ハートキャッチ!いずみちゃん」。過激さで言うと「ルナ先生」ほどではないが、それでも後期の過激さには目を見張る物がある

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

概要で紹介した通り、物語前半は乳首が出ない比較的健全なお色気。ヒロインであるいずみちゃんやゲストキャラクターは下着姿、時には全裸になることもあるが、肝心な部分は見えない

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

これは期待してみるとやや肩透かしを食らう部分ではあるが、まあこれはこれで刺激はある。何より作者・遠山光氏の描く女の子キャラクターは、どれもカワイイ。今見ると若干の昭和感を感じるものの、充分イケるレベル。

物語にはいずみちゃん、途中から転校してきた千春、外国人留学生のリンダ、担任の桂木先生など、レギュラー・準レギュラーの女性陣が登場。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

羞恥心のややゆるい同級生・千春。バイブを入れているわけではない

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

好奇心旺盛なヤンキーガール・リンダ。菊丸の前でスッポンポンになっても恥ずかしがる気配がない。ホントのアメリカ人はこんなにバカではないはず。

ほか「ハートキャッチ!いずみちゃん」の魅力の一つは、バラエティに富んだ女性ゲストたち

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

色っぽいお姉さんから、

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

ローティーンまで、惜しげもなく肢体をさらしてくれる。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

ほどよいオッパイに、ややムッチリ加減の下半身を持つ遠山光ギャルたち。氏の絵のウマさも手伝い、少年誌らしい程よいお色気を提供。

また乳首を解禁してからの「ハートキャッチ!いずみちゃん」は、それまでのソフト路線から徐々にハード路線にシフト。乳首や股間をいじられて、喘ぎ声を上げるシーンも。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

カセットテープの回転部分を乳首にひっかけられて臆面もなく喘ぐ桂木先生。カセットテープてw。

遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」
(遠山光「ハート・キャッチいずみちゃん 全部!」より)

いずみちゃんもクンニ状態でいい気持ちになったり。こういうシーンが少年誌で掲載されていた、ということに驚く。時代だな。

そんな「ハートキャッチ!いずみちゃん」。今読み返してみても、見どころの多い作品。女の子たちがエロカワイイのはもちろん、長年月刊誌に連載されていただけあって、毎回読ませるストーリーが魅力的なお色気マンガ

遠山光氏はこの後、少年サンデー「♂ティンクル2♀アイドル☆スター」などでスマッシュヒットを飛ばし、近年も作品を発表しているが、「いずみちゃん」の頃の絵柄が一番ノッているな、と個人的には感じる。

「ハート・キャッチいずみちゃん」の同人作品

さて世の中は広いもので(笑)、「ハートキャッチ!いずみちゃん」の同人作品も「FANZA同人」で販売されている。

「いずみちゃん敏感ハート」シリーズ

サークル「ふんわか堂」さん刊行の「いずみちゃん敏感ハート」シリーズ。

いずみちゃん敏感ハート

原作の絵柄にかなり寄せていて、非常にクオリティの高い同人コミック。少年誌では絶対描けない、いずみちゃんのアレやコレやが存分に楽しめる。原作各話のストーリーをベースに、エロ方面に話が展開されていくのも面白い。

「ハートの夢」シリーズ

続いて「FAKE庵」さんの同人作品「ハートの夢」シリーズ。

ハートの夢

こちらは絵柄はオリジナルに近いが、原作を損ねない雰囲気があり、それでいてエロさバツグン。何より桂木先生のエッチシーンがかなり!濃厚。「ハートキャッチ!いずみちゃん」ファンならば読んで損のない同人作品である。