【R-18注意!】

エロ漫画「童貞男子更生委員会」レビュー:ビッチJKが自由奔放にハメまくり

たまごろー氏のエロ漫画「童貞男子更生委員会」。富士美出版より発売・全1巻。

童貞男子更生委員会

ストーリーをあまり重視しないタイプのエロ漫画。なのでサクッとヌキたい時にオススメ。雰囲気は軽めで登場する女の子もみんなカワイイ

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「男子更生委員会」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

単行本の構成としては、「童貞更生委員会」シリーズと、「むつみさんの繁殖活動記録」シリーズの2つに分かれる。「TAKE OUT2」のようにたまごろー氏の既発表作品からのヒロインも登場するが、前作を読んでいなくても問題ない。基本的には性に奔放な女の子のカラッとしたエッチを楽しめるエロ漫画

↓FANZAで試し読み!↓

「童貞男子更生委員会」のヌキどころ

男子更生委員会

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「男子更生委員会」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

自分をレ◯プしようとした童貞男子を、「声かけてくればセックスくらいしてあげますよ♡」と逆にホテルに誘う女子高生。ディープキス、先っぽフェラのあと、自分からスカートをめくって挿入を促し合体。

お団子あたまの女子高生。ちょっといたずらっぽい表情がたまらなくカワイイ。男子にすんなりエッチさせた裏には何かあると思いきや、別にない(笑)。要はそういう作風である。それはそれでいい。

男子堕落委員会

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「男子堕落委員会」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

「童貞男子更生委員会」のヒロインと同じ制服の女子高生が登場。勉強を教えてもらったお礼として、成績優秀な童貞男子をカラオケBOXに誘う。「お待ちかねのハメっこタ~イム♡」で股を開いたあとは、童貞君の気の済むまで挿入。

頭にリボン、程よく大きいオッパイのヒロイン。正統派のカワイさ、しかし中身はエロエロ。次の話「男子更生委員会 対 男子堕落委員会」で、本作ヒロインと前作のお団子あたまが3Pをするので、総集編的に抜ける。

TAKE OUT2

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「TAKE OUT2」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

金髪ミニスカ日焼けJKとおっさんがひたすらセックスする話。冒頭、ラブホでいつものセックス。後半は彼女の家に招かれて私服でセックス。

JKとおっさんが濃厚な絡みを繰り広げる裏には、ある秘密が…別にない(笑)。おっさんは離婚済みで金銭も絡んでいないので、ある意味、愛のあるセックスと言える(そうなのか?)。テカテカ輝く日焼け肌の爆乳がソソる

むつみさんの繁殖活動記録 第1話:4月11日

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「むつみさんの繁殖活動記録 第1話:4月11日」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

「むつみさんの繁殖活動記録」シリーズの1作目。性に奔放な小さな離島で繰り広げられる、要はフリーセックスな話。メインのヒロインは爆乳ショートヘアーの女子高生。1話目の体操服ブルマを皮切りに、爆乳を揉みしだかれたり、ショタの筆下ろしをしたり。

これも別に明確なストーリーはないので、単純にムチムチヒロインの痴態を楽しむが吉。たゆんたゆんなオッパイと慈愛に満ちた眼差しに母性を感じる

むつみさんの繁殖活動記録 番外編:その1

エロ漫画「童貞男子更生委員会」(たまごろー)より「むつみさんの繁殖活動記録 番外編:その1」
(たまごろー「童貞男子更生委員会」より)

爆乳ヒロインがメインの「むつみさんの繁殖活動記録」。その爆乳と対をなすような番外編。「その1」では日焼けあとクッキリの少女がショタと神社の境内で罰当たりセックス

日焼け部分と水着の形の白い肌のコントラストが股間を刺激。ちょっといたずらっぽい表情のヒロインも良い。後半は遅れてきた男子も加わって2穴挿し。中出し後に「気持ちいい~」と余韻に浸る。

↓FANZAで試し読み!↓

収録エロ漫画データ

エロ漫画「童貞男子更生委員会」の収録作データは下記の通り。

タイトル ヒロイン属性
男子更生委員会 JK
男子堕落委員会 JK
男子更生委員会 対 男子堕落委員会 JK
TAKE OUT2 JK(ギャル)
タノシイコト JK(真面目メガネちゃん)
むつみさんの繁殖活動記録 第1話:4月11日 JK(爆乳)
むつみさんの繁殖活動記録 第2話:6月11日 JK(爆乳)
むつみさんの繁殖活動記録 第3話:7月11日 JK(爆乳)
むつみさんの繁殖活動記録 番外編:その1 JC(?)
むつみさんの繁殖活動記録 第4話:10月11日 JK(爆乳)
むつみさんの繁殖活動記録 番外編:その2 巫女(年齢不明)

※属性の判断は一部、主観による。